観光インバウンド重要で 英語スキルが重要!【最低限の会話ができる】

記事リスト

オフィス

企業イメージを上げる対策

労働者不足が深刻化する中、人材を確保し、離職率を低下させるために職場改善や待遇の見直しをする際、役立つのが社員満足度調査サービスです。第三者機関による調査で従業員の本音が引き出しやすく、的確な分析や改善提案なども受けられます。

女性

顧客を味方にするノウハウ

営業成績が伸びない、他社に負けている、企業の売上が悪いなどの場合、営業のコツを知ることで状況が打破できるケースも少なくありません。わずかなアプローチ法の差や話し方1つでも違いが出るので、ノウハウの構築やソフト面の営業のコツを習得する手段を検討しましょう。

PCを操作する人

キャリアプラン形成がカギ

仕事のモチベーションを継続的に維持、向上させるにはキャリアプランニングをして、目先の目標を達成するだけでなく、中長期的な観点からの職業人としてのステップアップや昇格、昇給などを含めたキャリア形成をサポートすることが求められます。

社内

外国人客の取りこみ

インバウンドが増えている中、英語での接客が重要となっている。これらのサポートを行う業者も増えており、活用することで売り上げ拡大につなげられることもある。業者を選ぶ場合には、業種に合った学習ができる業者選びが必要である。

男性

経営の品質向上に

会社の経営品質や職場の改善活動の為に、社員満足度調査を行う手段があります。社員満足度調査は、WEB上で回答する事が出来ます。あらかじめいくつかの設問グループが用意されてますが、経営者の意思に応じてカスタマイズする事が可能です。社員満足度調査結果は、統計処理されて提供されます。

最低限の会話でおもてなし

パソコンを操作する人

世界スタンダードを学ぶ

日本の観光立国政策によるインバウンドの増加や2020年の東京オリンピックによるインバウンド需要を取り込もうとインバウンド向けのサービスやメニューの提供、文化の違いなど学んでのお店作りなどに取り組んでいる事業者も増えています。インバウンド向けのサービス充実に向けて、最も基本となるのが英語での接客スキルとなりますが、そのために英語ができる人材を採用する事業者も増える中、既存のスタッフの教育にも取り組む事業者が増えています。詳しい説明が必要な場合やトラブルなどが起きた際には英語の得意なスタッフがいると安心ですが、普段の接客でも最低限の会話ができるスキルが全てのスタッフに求められる時代といっても過言ではありません。「いらっしゃいませ。」「ありがとうございます。」といった挨拶や飲食物などの提供時や、商品の梱包、会計といったよくあるお店でのサービスだけでも、英語でできるようにトレーニングしておくとインバウンドにも喜ばれます。もっとも、英語が苦手な方に独学での勉強を進めても、何から始めればいいのか分からず、また、使い慣れていない方の中には英語で挨拶するフレーズが分かっていても、恥ずかしくて日本語を使ってしまう方もいます。使い慣れることも大切なので、英語が学べる簡単なセミナーや教室を講師を呼んで業後や業中に実施し、実際にロールプレイングなどをして実践で使えるようにトレーニングするのがおすすめです。インバウンド増加に伴う接客ニーズを受けて、企業向け、店舗向けの英語セミナーが人気となっています。

Copyright© 2018 観光インバウンド重要で 英語スキルが重要!【最低限の会話ができる】 All Rights Reserved.